厚生年金 基金

年金支給の是非を判定する総務省の「年金記録確認中央第三者委員会」(梶谷剛委員長)は29日午後の会合で、厚生年金を受け取ることができない従業員の救済方法の本格検討に入る。企業による保険料納付が確認できない事例は、社保庁がこれまで基本的に門前払いしてきた。安倍晋三首相は相談者の立場を考慮した幅広い支給を指示しており、企業を通じて厚生年金保険料を支払ったと推定できる人に年金を支給するための具体的な判定基準づくりを進める。



posted by なな at 07:48 | 新情報

年金保険

年金納付データ消失は電話で確認するにしても、窓口を訪れるにしても、まずは自宅で自分の履歴を整理しておこう。年金番号、勤務先などの基礎データのほか、勤めた期間、自分が分かっている未払い・未加入期間などを、年表形式で書き出しておこう。意外に思い出せないのが、過去に自分が住んでいた住所だ。加入時点の住所が現在と異なる人は多い。歴代の住所を一覧に並べたリストも用意しておくと安心だ。結婚している人は結婚した時期も思い出しておきたい。厚生年金の場合は、勤めていた会社名と期間、年金に加入した際の住所・時期などを、データベースと照合する。データを手際よく説明できないと、後回しにされてしまうおそれがある。窓口では行列に並んでいる人の視線も浴びるので、もたもたしているとトラブルになりかねない。必要と思われる資料はそろえて訪れたい。


国民年金の免除制度について
必死で払ってきた保険料を未納扱いにされては、たまったものではありません。 そこで出てきたキーワード「未納」ですが、同じ支払わないでも、「未納」「免除」では大きな違いがあるのを知っておきましょう。 まず、国民年金保険料納付の「免除」に ...(続きを読む)



タグ:年金保険
posted by なな at 04:06 | 新情報

厚生年金 保険

昭和60年の法律の改正で、20歳以上60歳未満の国民は全て国民年金に加入しなければならなくなりました。よって、会社勤めの人(厚生年金加入の人)も、「第2号被保険者」として国民年金に加入しています。ただし、本人が直接手続きをすることが無いので、厚生年金だけに加入していて国民年金には加入していないと勘違いしている人が多いです。厚生年金は、国民年金に上乗せして年金をもらうために、会社勤めの人が、収入に応じて掛け金を上乗せ支払いしている年金制度です。


年金問題:第三者委、記録訂正あっせん案提出−−総務相に /京都
同委によると、男性は転職により複数回、厚生年金と国民年金が切り替えられているが、記録が残っていない当該の1カ月分2200円以外は、すべて納付が記録により確認されたという。このため同委は、「納付意識が高い」として当該分についても納付を認め ...(続きを読む)



posted by なな at 00:17 | 新情報

国民年金

小泉内閣の末期に「年金一元化は、実行する」と閣議決定されて、現在、問題が具体的に動いているところだ。年金一元とは、大まかには公務員の共済年金と民間の厚生年金の条件を統一することを指すが、その後にどうなるのか形はまだ決まっていない。現在審議中の法案では、公務員の共済年金は厚生年金並みの積立金(厚生年金の1年の給付に対する積立金の比率で計算)を持って厚生年金と同一条件で扱われる部分と、職域加算(公務員の年金の3階部分)の既裁定部分(既に年金額が裁定されている部分)に見合った積立金と、さらに、職域加算をいったん廃止した後に、あらためて作ることになっている「新3階部分」と呼ばれる部分の3つに分かれる。


平成18年国民年金法問8―E「死亡一時金と寡婦年金の支給の調整」
今回は、平成18年国民年金法問8―E「死亡一時金と寡婦年金の支給の調整」 です。 ☆☆==============================================================☆☆ 死亡一時金の支給を受けることができる者が、同一人の死亡により寡婦年金を受け取ることが ...(続きを読む)



タグ:国民年金
posted by なな at 08:25 | 新情報

個人 年金

国民年金の救済制度では、60歳以降も国民年金(基礎年金)に任意加入する事や特例任意加入の制度を使う事によって、国民年金(基礎年金)の納付期間を最長70歳まで延ばす事ができます。この国民年金(基礎年金)の納付期間を延ばす事で、60歳になった時に国民年金(基礎年金)保険料の納付期間が25年に満たない方でも、その後の期間を加算する事で国民年金(基礎年金)保険料の納付期間が25年となれば国民年金(基礎年金)を受け取る事ができるようになります。国民年金は、保険料を25年間納付すれば年間で約50万円になり、わずか数年の未納付で国民年金(基礎年金)が受け取れなくなる事と比べると大きな違いです。


【個人事業の年金相談】年金は自分で作る
旦那さんが厚生年金で妻が専業主婦の場合ですが旦那さんは年金の年額が190万円程になり妻は国民年金ですので年額79万円程になると思います私は自営ですので年金を自分で作らねばならないのですが私も妻も国民年金のみですのでお互いに年額79万程にし ...(続きを読む)



タグ:個人 年金
posted by なな at 19:18 | 新情報

共済年金

死亡一時金の額は、死亡日の属する月の前月までの国民年金第1号被保険者としての被保険者期間にかかる死亡日の前日における保険料納付済期間の月数と、保険料半額免除期間の月数の2分の1に相当する月数とを合算した月数に応じて、それぞれ次の額となります。(つまり、保険料納付の実期間に相当します。保険料半額免除期間なら半月分として計算します。)


海外の公的年金制度
給付体系は1階建てで日本の厚生、共済年金の報酬比例と比べ、低所得者に手厚く受けられる仕組みになっています。 保険料はヨーロッパなどと比べても低く、今後の引き上げについては、日本のように少子高齢化が進んでいないため、小さい見通しであるよう ...(続きを読む)



タグ:共済年金
posted by なな at 15:45 | 新情報

国民年金 保険料

2004年の政治的には「年金改革」と呼ばれた年金制度の改正のポイントは、小泉首相が国会で質問されて、その内容を答えられなかった「マクロスライド方式」にあった。これは簡単に言うと、インフレ率(より正確には賃金上昇率)が上昇したときに、当面最大年間0.9%まで(基礎年金プラス厚生年金のモデルケースで)だが、年金の給付を削る年金財政調整の仕組みだ。年金官僚や彼らに利用されている与党政治家は、これを称して「これで年金は100年、いや1000年でも安心だ」と言っている。確かに計算上、この通りに調整していけるなら、100年たっても安心だろう。と言うか100年後くらいには、安心が形になって見えてくるかも知れない。


平成18年国民年金法問7―C「障害基礎年金の支給停止」
20歳前障害に基づく障害基礎年金は、そもそも保険料の拠出なしに支給を受けることができる福祉的な年金であり、国庫負担率も他の基礎年金に比べて高いなんてこともあるので、他の障害基礎年金の支給停止事由に上乗せした支給停止事由があるんですよね。 ...(続きを読む)



posted by なな at 12:23 | 新情報

企業年金

一連の保険金の不払い問題では、販売時の説明が不十分だったことや商品が複雑過ぎることが一因になっており、不慣れな銀行員が販売しトラブルになり、生保商品への不信がさらに高まる懸念がある。 このため、各社とも、より重要になる契約者のサポート体制の強化を進めている。住友生命保険は銀行窓販の契約者向けの専用コールセンターを4月に設置。十数人の専任担当者を置いて、契約者から寄せられる商品内容の確認や住所変更などのサービスを行っている。


企業年金について
企業年金について調べています。日本の企業で巨額な年金資産を抱えている企業はどこでしょうか?資産規模、採用している年金制度、運用方法などについて知りたいのですが、それらがわかるHP、本をご存知であれば教えてください。 よろしくお願いします。(続きを読む)



タグ:企業年金
posted by なな at 09:01 | 新情報

確定拠出 年金

大阪社会保険事務局はデータ消失を確かめに来た人に「統合手続きが完了していれば、再び漏れることはない。当時、職員が統合申請を求めるのを忘れたか、手続きを怠ったか、申請しなかったのか、今となってはわからない」と説明。その人は「自分の受給額が増える記録。それをせっかく見つけたのに、『申請しろ』と言われて申請しないはずはない」とあきれていた。


確定拠出年金(日本版401k)
一定の掛け金を積み立てて、資産運用によって年金受け取り額が変動する確定拠出年金(日本版401k)が日本でも始まりました。 日本の企業年金は確定給付型でしたが確定拠出型もできたことで大きな話題を呼んでいます。 確定拠出年金はアメリカの確定拠出 ...(続きを読む)



posted by なな at 05:17 | 新情報

厚生年金

社会保険庁による不祥事はこれまでにも多々あった。2004年には社保庁職員が有名人の納付記録をのぞき見していたことが発覚。ほかにも保険料をゴルフボールに流用していたこと、裏金づくり、国民年金保険料の不正免除など常軌を逸するものばかりが明らかになっている。社会保険庁幹部・職員のずさん極まりない仕事と脈々と続いてきた腐敗体質には、ただただ呆れるばかりだ。政府の姿勢にも首を傾げざるを得ない。昨日、各マス・メディアは塩崎恭久官房長官が記者会見で発言した内容を報じた。


厚生年金の在職老齢年金での標準報酬月額は前年度?
在職老齢年金の支給額(60歳以上65歳未満)の計算で標準報酬月額+(その月以前1年間の賞与額÷12)を総報酬月額相当額となっていますが、この標準報酬月額は給与明細に書かれている(前年度)ものでしょうか? 59才時の標準報酬月額ならば結構高く ...(続きを読む)



タグ:厚生年金
posted by なな at 01:39 | 新情報

遺族年金

今年12月に予定されている生命保険商品の「銀行窓販」の全面解禁をめぐり、延期論が浮上してきた。生保にとっては販売ルートの拡大につながり、銀行には新たな手数料収入を生む全面解禁に対する両業界の期待は大きい。だが、生保の保険金不払い問題に加え、銀行の販売体制への危惧(きぐ)などを背景に、契約者保護の観点から、自民党などからも「時期尚早」との声が出始めている。


年金の加入期間照会をインターネットで
障害年金の請求となると、ある程度の手間はかかりますが、それ以外だと、一般の人でも十分手続きはできます。 「年金は申請主義」 申請が無いと振込手続きをしないという考えを無くすと、 納付データさえしっかりしてれば、 老齢年金や遺族年金手続きは ...(続きを読む)



タグ:遺族年金
posted by なな at 21:41 | 新情報

大阪 厚生年金会館

小泉内閣の末期に「年金一元化は、実行する」と閣議決定されて、現在、問題が具体的に動いているところだ。年金一元とは、大まかには公務員の共済年金と民間の厚生年金の条件を統一することを指すが、その後にどうなるのか形はまだ決まっていない。現在審議中の法案では、公務員の共済年金は厚生年金並みの積立金(厚生年金の1年の給付に対する積立金の比率で計算)を持って厚生年金と同一条件で扱われる部分と、職域加算(公務員の年金の3階部分)の既裁定部分(既に年金額が裁定されている部分)に見合った積立金と、さらに、職域加算をいったん廃止した後に、あらためて作ることになっている「新3階部分」と呼ばれる部分の3つに分かれる。


大阪 厚生年金会館
のDVD化が決定した。4月29日に大阪厚生年金会館・大ホールで行われた最終公演の模様を収録。定番ナンバー“バラ色の人生”を含む全14曲のほか、必見のMCもたっぷり収めた本作は8月8日にリリースとなる。 制作にあたっては、及川自身が総合プロデューサー ...(続きを読む)



posted by なな at 20:23 | 新情報

個人 年金 比較

3種類の年金の資産の運用管理や給付などは、現存の共済組織が引き継ぐことになっているが、例えば、企業年金で言うと(恵まれた好条件企業の場合だが)企業独自の加算部分に相当する、公務員の「新3階部分」は、まだどのような形になるのか決まっていない。おそらく、秋以降に議論が出て、来年の通常国会に法案が出ることになると思われるが、この条件の決まり方によっては、年金一元化の「年金は官民同一条件に」という趣旨が、すっかり骨抜きになる可能性もある。公務員の新3階部分を確定拠出年金にすると官民同一条件を確保しやすくなるし、将来の官民の人事交流をスムーズにする効果もあるので好ましいと思っているのだが、今のところ、そのような議論は盛り上がっていないようだ。


個人年金
個人年金をはじめ年金保険とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度のことをいいます。公的な社会保険の場合、医療保険・労災保険・雇用保険・介護保険と並べて論じられる場合が多いのですが個人年金として積み立てをする方も ...(続きを読む)



posted by なな at 16:27 | 新情報

老齢厚生年金

年金記録修正のために行う、社会保険庁のオンライン記録と原簿の手書き台帳との全件照合について、厚生労働省が「4年程度で完了できる」との見通しを与党側に伝えていたことが23日、分かった。10年かかるとされた作業だが、人海戦術や未入力記録のオンライン化などで期間短縮できるというものだ。ただ、これには膨大な予算が必要とみられ、政府・与党内で「新たな予算措置もやむを得ない」との機運が高まるのを待つ厚労省側の狙いもちらつく。


繰り下げ支給制度
老齢厚生年金にも老齢基礎年金と同様の繰り上げ支給はあるが、繰り下げ支給はない。ただし、65歳以上の老齢厚生年金繰り下げ支給制度が平成19年4月1日導入された。 年金の繰下げ支給制度とは、受給できる年金を申し出を行うことにより受け取らず、 ...(続きを読む)



posted by なな at 12:48 | 新情報

厚生年金 基金

自分の年金記録を確認したい人向けに、手順を整理してみた。役所のミスなのに、どうして加入者が面倒な思いをするのかと、腹立たしくなるが、放置しておいて最終的に損を背負い込まされるのは加入者側。役所側に「反省」ムードがあるうちに、以下の手順でリスクを取り除いておきたい。年金記録漏れ問題の元凶として、ニュースでやり玉にあがっているのは、社会保険庁の役人たちだ。しかし、同庁に電話を掛けても無駄だ。同庁は中央省庁だから、個別の確認業務には応じてもらえない。電話を掛ける先は臨時に設けられた「年金記録相談専用」のフリーダイヤル「ねんきんあんしんダイヤル」は土、日を含め24時間対応している。


国民年金加入者の住所変更について
年金受給者の場合は、市役所保険年金課年金担当の窓口に住所変更用のハガキがあるので、そのハガキに必要事項を記入のうえ社会保険事務所へ届出する事になります。 ただし、共済組合の年金や厚生年金基金などの届け出は社会保険事務所ではないので、各 ...(続きを読む)



posted by なな at 09:36 | 新情報

年金保険

消えた年金問題で、「自分は大丈夫」とタカをくくっているのが、転職経験ゼロのビジネスマン。ずっと同じ会社にいれば、記録もひとつ。データが消える可能性は低いと過信している。しかし「終身雇用タイプ」が多い大企業の社員ほど、実は安心できない。大手企業の年金は、基礎年金と厚生年金に、企業独自の厚生年金基金が上乗せされた「3階建て」が多い。このタイプは、本来は国が運用する厚生年金の一部も厚生年金基金に加えて運用できる「代行」という「特権」が国から与えられた。しかし、バブル崩壊後は株式相場の低迷などで運用難になり、トヨタ、日立など、代行を返上する大企業が続出。これが「新たな消えた年金問題」につながる可能性があるという。


国民年金と雇用保険資格損失
6月中旬に入社し、同時に雇用保険と雇用年金に加入しました。 自分との会社があわずに1ヶ月でやめました。 7月中旬です。 なにもわすれていて、自立支援の関係でやめた、次の日に、保険と年金の手続きをしてきました。 給料明細が、20締めの5日払い ...(続きを読む)



タグ:年金保険
posted by なな at 06:07 | 新情報

厚生年金 保険

社保庁主催で年金週間コンサートやエアロビクス大会を開催したことにして、架空の大会出演料や審査員への謝礼金などを6年間で計約6億円計上。一部が裏金となった。社保庁のパンフレット作製でも、印刷業者側から「監修料」を受け取り、組織的に裏金としてプールしていた。裏金は、職員の飲み食いだけでなく、「政治家らの会合費にも回されていたようだ」(厚労省OB)という。この裏金システムはノンキャリア職員の間で代々引き継がれていった。社保庁と業者との蜜月ぶりにも疑惑の目が向けられている。政府は紛失した年金記録の突合のため、NTTデータと日立製作所に新ソフト開発の発注を決めたが、今月14日の参院厚生労働委員会で両社にオンラインシステム開発当初から総額1兆4000億円という巨額の開発費などが支払われてきたことが明らかになった。両社とその関連企業に、厚労省と社会保険庁から少なくとも15人が天下りしていたことも判明した。


国民年金加入者の住所変更について
年金受給者の場合は、市役所保険年金課年金担当の窓口に住所変更用のハガキがあるので、そのハガキに必要事項を記入のうえ社会保険事務所へ届出する事になります。 ただし、共済組合の年金や厚生年金基金などの届け出は社会保険事務所ではないので、各 ...(続きを読む)



posted by なな at 02:25 | 新情報

国民年金

障害厚生年金は「難しい」というのが実状です。遺族年金は「死亡という事実」、老齢年金は「60歳、65歳などという加齢の事実」によって殆どの場合は問題がないのですが、障害年金については「障害の程度」という曖昧な部分があります。これは本人にも、医者にも、審査官にも判り得ない部分があるはずです。基本的には医者の診断書が決め手になるのですが、事前に良く理解しておいた方が良いでしょう。


国民年金は赤字、厚生年金は黒字が続く・2006年度収支決算発表
社会保険庁が発表した2006年度の厚生年金・国民年金の収支決算概要によると、2006年度においては収支上では厚生年金は1兆1021億円の黒字となり、一方で国民年金は1194億円の赤字となったことが明らかになった(【発表リリース、PDF】)。 ...(続きを読む)



タグ:国民年金
posted by なな at 22:31 | 新情報

個人 年金

国民年金保険料の収納事務は2002年3月まで、各市町村が担当。日向市によると、旧東郷町は1981年度まで、手書きの「被保険者名簿」で納付記録を管理していたが、85年度に電算システムの併用を始め、96年度に同システムへ一本化したことから、紙台帳を破棄したという。納付記録の磁気データは日向市と合併後、同市の電算システムに移行。社保庁の電算記録とも照合しており、同市市民課は「電算システムのデータに漏れはないと考えている」としている。


個人年金に対する税金課税
高齢化社会となり、公的年金では生活できない時代がくるのではと不安を抱えている人は意外にも多いようです。 そんな悩みを解決してくれるのが個人年金です。公的年金とは異なり、個人的に民間の保険会社や郵便局などで加入し、支払金額に応じて予め決め ...(続きを読む)



タグ:個人 年金
posted by なな at 08:01 | 新情報

共済年金

年金統一番号の導入は、国家による国民の監視・管理につながるのだろうか。これは「監視・管理」をどの視点から見るかによって異なるだろう。例えば、所得の把握や金融資産の把握のために統一番号を利用するケースを考えよう。賃金や報酬の支払い、不動産の売買や金融機関の口座開設に統一番号を利用すれば、個人の所得と資産をかなり正確に把握できる。確かに、自分の所得や資産が正確に把握されると聞いて、喜ぶ人はあまりいないだろう。しかし自分だけではなく、納税者全員の所得と金融資産が正確に把握されるのだと考えればどうだろう。世の中には税金をごまかしている納税者がいる。所得や資産を正確に把握されて困るのは、そうした国民の義務をきちんと果たしていない人なのだ。


個人年金と国民年金の問題とは第一生命 個人年金
かよら国民年金は、基本的にみんなの国民が加入する必要があるぜ。国民年金の被険者は、職業・就労形態や保険料の納め方で国民年金、厚生年金、共済年金の3種類に分かれやす。国民年金は自営業やフリーター、農業、学生やなんかさまざまな人が加入しやす ...(続きを読む)



タグ:共済年金
posted by なな at 04:52 | 新情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。