厚生年金 保険

厚生年金保険料、未納企業の従業員救済を検討
日本経済新聞
政府は、勤務先企業の保険料未納などが原因で、厚生年金保険料を給与から天引きされたにもかかわらず、社会保険庁に記録がない人の救済策の検討に入った。社保庁の記録漏れや企業の事務処理ミスの場合は幅広く支給を認める方向。このほか企業の組織的不正などのケース ...(続きを読む)


納付宣誓書で給付判断 年金記録不備で第三者委検討
中国新聞
サラリーマンが加入する厚生年金では給与明細書など間接的な証拠を探すことが比較的容易だが、自営業者らが加入する国民年金ではこうした証拠収集が難しい。特に「高齢者は立証が一段と困難になる」(第三者委関係者)と予想されるため、最終的な判断基準として宣誓書案が ...(続きを読む)




年金 免除の気になる話
公明新聞公明党は、育児休業制度の拡充を通じて、育児休業中の健康保険・厚生年金保険の保険料免除など、企業の取り組みを支援してきました。 また、仕事と育児、介護の両立を後押しする企業への助成金も拡充されています。 子育て世代の経済的負担を軽減 ...(続きを読む)


社会保険庁のお買い物情報
年金資金運用基金や厚生年金事業振興団総裁の退職金(各4000万円) 厚生年金病院の建設費(全国68カ所、112億1900万円) 福祉施設の建設費(169カ所、92億1400万円) 大規模年金保養基地(グリーンピア)の職員向け宿舎建設 ...(続きを読む)


平成18年厚生年金保険法問9―A「障害厚生年金の支給に関する経過措置」
旧国民年金法又は、旧厚生年金保険法による障害年金の受給権を有していたことがある者について事後重症による障害基礎年金は支給されない。 「障害年金の受給権を有していたこと ...(続きを読む)


平成18年厚生年金保険法問8―A「共済組合等の年金給付との併給」
老齢厚生年金と退職共済年金を受給している者が死亡したときは、その遺族に支給される遺族厚生年金と遺族共済年金は併給されるが、障害共済年金を受給している厚生年金の被保険者が25歳で死亡したときは、その遺族に支給される遺族厚生年金と遺族共済年金 ...(続きを読む)


第4種被保険者(旧厚生年金任意加入制度)
しかし、昭和61年に廃止になった第4種被保険者は、会社等を辞めた後も厚生年金の被保険者となり続けられる制度です。 旧厚生年金保険法では、厚生年金の老齢年金の受給資格期間は原則として「厚生年金保険の被保険者期間が20年以上」でした。 ...(続きを読む)


社保庁が買い占めた本 厚生年金保険制度回顧録
問題の本は国会でも取り上げられた「厚生年金保険制度回顧録」(社会保険法規研究会)。1988年、厚生省(当時)の外郭財団、厚生団(現・厚生年金事業振興団)が編集した。1冊4700円と破格の値段がつけられている。 ...(続きを読む)



posted by なな at 18:50 | 厚生年金
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。