年金保険

被保険者名簿は国民年金記録の原本。国民年金の保険料徴収(収納事務)は01年度まで市町村が行い、翌年度から社保庁に移管された。そのため、現在、各市町村に被保険者名簿の保管義務はない。しかし、社保庁の記録にミスや不備があった場合、市町村に01年度以前の名簿が残っていなければ、調査が困難となる可能性がある。調査は2002年3月末時点の全国3,246市町村が対象。このうち200市町村(合併により現在は139市町村)が被保険者名簿を破棄。

「年金今度こそ認めて」地方第三者委への申し立て受け付け
読売新聞
領収書など年金保険料を支払った証拠がない人たちに、年金を支給するかどうかを判断する「年金記録確認地方第三者委員会」への申し立て受け付けが17日、全国の社会保険事務所で始まった。 同委員会は、全国50か所の総務省出先機関に設置され、受け付けだけが社会保険 ...(続きを読む)



フランスから変額個人年金保険商品で日本に進出
既に日本における生命保険業免許を金融庁より獲得していて、2007年秋には変額個人年金保険商品の販売を開始する予定となっています。生命保険会社の新規参入は5年ぶり。 クレディ・アグリコル・グループは、これまでフランス国内において長い経験と実績を ...(続きを読む)



タグ:年金保険
posted by なな at 17:56 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。