厚生年金 保険

国民年金の死亡一時金は、保険料を納付した人が死亡した時に、その遺族に支給されるものですが、国民年金の第1号被保険者として掛けてきた保険料が無駄にならないようにするため、その掛けた国民年金保険料の月数に応じて、支給される死亡一時金の額が決まっております。死亡一時金の額は、12万円から32万円までとなっています。第1号被保険者とは、国民年金に任意加入し、任意加入被保険者として国民年金保険料を納めた期間も含まれます。「前月まで」というところは国民年金の寡婦年金と同じです。

15件の年金記録、社保庁が訂正…あっせんに従う
読売新聞
これにより、15件については申し立て通り、保険料の未納などが解消されたことになる。 15件の内訳は、国民年金14件、厚生年金1件で、「保険料を納付したはずなのに、社保庁の記録では未納になっている」などと訴えていたケースだ。(続きを読む)



年金に結びつかない脱退手当金の対象期間
今までの専業主婦は、任意加入で保険料を払わないから脱退手当金の道を選んできましたが、結婚退社後にタダで国民年金に加入できるのでしたら何も清算する必要はありません。 自分の厚生年金加入期間と国民年金の加入期間を合わせて十分に受給資格を得る ...(続きを読む)



posted by なな at 02:26 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。