国民年金 保険料

公的医療保険制度の改正により、現役世代並みの所得がある70歳以上の人は、2006年10月以降、医療機関の窓口での自己負担額が2割から3割に引き上げられた。ガイドでは、こうした制度の改正内容について詳しく紹介している。また、生命保険会社による保険金不払いが問題化したことを受け、民間医療保険を契約する前に理解しておきたいポイントや注意点などにも触れている。

年金豊かに
しんぶん赤旗
低年金・無年金の解決は、政治の大きな責任です。 国民年金は、満期の四十年間保険料を払い続けても、受け取る年金は月額六万六千円です。国民年金だけの受給高齢者は約九百十万人。その平均額は月四万七千円程度です。無年金者は現在六十万人とも百万人ともいわれてます ...(続きを読む)



保険料約6兆9千億円
より引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070724-00000007-mai-pol厚生年金と国民年金の保険料として、戦後、国民から徴収された約500兆円(07年7月現在)のうち、約6兆9000億円が年金給付以外に使われていることが厚生労働省などの集計 ...(続きを読む)



posted by なな at 11:01 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。