共済年金

公的年金は運用効率が改善すればうまく行くという短絡的な見方を掲げて、ヘッジファンドや不動産投資のような、いわゆるオルタナティブ投資や、新興国への投資などを積極的に行うべきだ、という勇ましい議論が登場していることだ。シンガポールや中国の政府のようにファンドに投資してはどうか、日本は金融の世界で遅れているのではないか、といった論調とセットで登場することが多いが、はっきり言ってこれはこの種の運用を扱う業者に乗せられた議論である。日本の公的年金のような巨額の資金に十分な効果があるほど、この種の運用のキャパシティーは大きくないし、何よりも、運用計画を立てて(年金だから当然だ)大きな資金を投資すると、日本の公的年金資金は、それぞれのカテゴリーで巨大な「最後の買い手」の役割を果たすことになるだろう。つまり、カモになるということだ。

<有権者座談会>言わせてほしい 「母親同士の連帯が大事」
中日新聞
【所】公務員の共済年金は、一般の厚生年金と違う。受給額も違ってくるみたいだけど、不透明だ。働いている世代で格差が出ているのに、年金でも格差がつくなんて。今の政治家は今後ますます格差が広がる社会をつくりたいんだろうか。 【平林】だけど結局、国会議員を選ん ...(続きを読む)



共済年金
しかも、年金だけで生活できない人が働いた場合、厚生年金受給者は年金と給料の合計が月額28万円を超えると超えた金額に応じて年金がカットされるそうですが、共済年金になるとその月額が48万円になるそうです!(なんで?) ...(続きを読む) . ...(続きを読む)



タグ:共済年金
posted by なな at 12:15 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。