厚生年金 保険

被保険者名簿は国民年金記録の原本。国民年金の保険料徴収(収納事務)は01年度まで市町村が行い、翌年度から社保庁に移管された。そのため、現在、各市町村に被保険者名簿の保管義務はない。しかし、社保庁の記録にミスや不備があった場合、市町村に01年度以前の名簿が残っていなければ、調査が困難となる可能性がある。調査は2002年3月末時点の全国3,246市町村が対象。このうち200市町村(合併により現在は139市町村)が被保険者名簿を破棄。

年金未加入3割 道内季節労働者 老後に懸念も 低収入が背景(07/29 00:30)
北海道新聞
六十歳未満の男性を対象とした年金の加入状況では、「年間を通し公的年金を掛けていない」が17・3%、「夏場は厚生年金を引かれるが、冬場は国民年金保険料を未納」が15・2%、「分からない」が13・1%などとなっている。「分からない」は、年金の手続きをしてい ...(続きを読む)



厚生年金保険の最新の話題
「厚生年金保険制度回顧録」(社会保険法規研究会)。1988年、厚生省(当時)の外郭財団、厚生団(現・厚生年金事業振興団)が編集した。1冊4700円と破格の値段がつけられている。この本について再び国会で取り上げられたのは19日の参院厚生労働(続きを ...(続きを読む)



posted by なな at 05:38 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。