老齢厚生年金

死亡一時金の額は、死亡日の属する月の前月までの国民年金第1号被保険者としての被保険者期間にかかる死亡日の前日における保険料納付済期間の月数と、保険料半額免除期間の月数の2分の1に相当する月数とを合算した月数に応じて、それぞれ次の額となります。(つまり、保険料納付の実期間に相当します。保険料半額免除期間なら半月分として計算します。)


特別 支給 老齢 厚生 年金の最新の話題
現在の年金制度では、会社員として1年以上勤めた経験がある場合、60歳から特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分のみ)が支給され、65歳からは老齢基礎年金と老齢厚生年金が支給されることになります。 前回、特別支給の老齢厚生年金(報酬比例 . ...(続きを読む)



posted by なな at 16:57 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。