個人 年金 比較

公的年金が現在の年金積立金管理運用独立行政法人(通称「GPIF」)並の株式運用を続けると、1銘柄で数パーセント程度の株式を政府機関が保有することになる。機関投資家として株式を保有しながら企業の経営に意見表示しないのは無責任だが、そうすると政府機関が民間企業に口出しをするチャネルと力を持つことになり、これは米国のグリーンスパン前FRB議長が強く反対した事態だ(米国の公的年金は民間企業の株を持たない)。筆者は、そもそも公的年金の運用で、民間の株式を持つことはメリットが乏しく弊害がはっきりしている、と思うのだが、現実に民間企業の株式を運用対象としている以上、今後の動向には注目したい。キーワードは「企業統治(コーポレートガバナンス)」だが、公的年金が、企業に与える影響は大きい。

投資対象広げる個人投資家、北アフリカや東欧にも触手
朝日新聞
背景には長引く超低金利や国内株式市場の低迷、年金不信などがあり、海外ソブリン債からスタートし、ハイ・イールド債、海外高配当株式、BRICsへと投資先を次々に拡げてきた国内投資家は、更に触手を伸ばし始めている。 8月には新興諸国向けファンドの設定が相次ぐ ...(続きを読む)



個人年金 比較
個人年金で三井住友海上メットライフ生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:栗岡 威)は、変額個人年金保険LG・AGシリーズの変額個人年金保険(2005)「未来航路Two(みらいこうろトゥー)」を、すでに三井住友海上メット ...(続きを読む)



posted by なな at 20:00 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。