遺族年金

ご主人が、厚生年金に加入した場合、配偶者は、専業主婦や、働いていても今後12ケ月間の収入見込額が130万円以下であれば、夫の扶養として、健康保険の被扶養者と、年金の3号被保険者になることができ、国民年金の保険料の支払が必要無くなります。扶養になるには、夫の会社で申請する必要があります。

内縁の妻遺族年金訴訟 国、請求棄却求める 仙台地裁
河北新報 (会員登録)
2004年に死亡した旧国鉄職員の男性=当時(87)=と内縁関係にあった宮城県気仙沼市の70代の女性が遺族年金などを不支給とした社会保険庁の処分を不服として、国に処分取り消しを求めた訴訟の第一回口頭弁論が27日、仙台地裁であった。国は「男性と正妻の婚姻は ...(続きを読む)



遺族年金:本妻と内妻
1審判決は、内妻との同居期間が10年に満たなくとも「男性が死亡しなければ、内妻との生活は続いていた」として、内妻の遺族年金の受給資格を認めていました。両方に子供はいなかったのでしょうね。いればそちらに年金が行くことになります。 ...(続きを読む)



タグ:遺族年金
posted by なな at 02:38 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。