厚生年金

社会保険庁の年金記録漏れ問題で、保険料納付証拠がない場合の支給の可否を判断する総務省の年金記録確認中央第三者委員会が東京都文京区小石川に事務室を開設した。開所式には菅義偉総務相と梶谷剛委員長(前日本弁護士連合会会長)らが出席。約30人の職員を前に、同相は「第三者委員会は国民の最後のとりでで、責任は極めて重い。国民の不安を解消し、しっかりと信頼を得られる委員会になるよう事務局のみなさんにお願いする」と訓示した。

(15)65歳より前に受給する
読売新聞
厚生年金の支給開始も65歳に引き上げられつつあります。退職後、本格的に年金が支給されるまでの間、生活資金が十分確保できない人もいるでしょう。 このため、基礎年金には、請求すれば、受給開始を前倒しできる仕組みが設けられています。「繰り上げ受給」と言っ ...(続きを読む)



日本IBM、業務プロセス視点でSOAシステムを構築するソフトウェアを発表
・<年金問題>厚生年金未加入、対策進... 厚生年金の空洞化対策が進んでいない。社会保険庁は05年度、約12万5000の未加入企業を対象に、文書▽巡回▽呼び出し▽戸別訪問、と段階的に加入指導を強めたが、最も効果があった戸別訪問でも加入率は5.9%に ...(続きを読む)



タグ:厚生年金
posted by なな at 06:15 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。