確定拠出 年金

現在、国会で審議されている社保庁改革関連法案は、10年に同庁を廃止、職員は全員退職し、内閣官房に設置する第三者機関が退職職員の特殊法人「日本年金機構」への再雇用を判断することなどが柱。政府は年金記録漏れ問題の責任とけじめを理由として、社保庁職員全員に夏のボーナス(期末・勤勉手当)の一部を自主返納するように求めている。塩崎官房長官はこの自主返納に関して、返納に応じるか否かが、日本年金機構への再雇用の判断材料になるとの考えを示したと報じられた。この発言は、脅されなければ自主返納しない社保庁職員が存在することを示唆するばかりでなく、あまりに短絡的な措置というほかない。

塩漬け積立金が200億円超 確定拠出年金で8万人放置
中国新聞
企業型確定拠出年金(日本版401k)に加入していた人が転職や退職で加入資格をなくしても、それまでに掛け続けた積立金の移行手続きを取らないケースが相次ぎ、放置されたまま“塩漬け”状態の積立金が今年三月末現在、総額で二百十一億四千六百万円に上ることが、二十七 ...(続きを読む)



ニッセイ 401k
千葉銀行は20日、日本生命保険と確定拠出年金(日本版401k)の事業で提携したと発表した。日本生命が運営管理業務を手がける「ちばぎん・ニッセイ総合型401kプラン」を同日から取引先企業などに提案し始めた。同プランは複数の企業が一つの年金 . ...(続きを読む)



posted by なな at 09:48 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。