厚生年金 基金

年金納付の電話照会や窓口対応で記録が確認できれば問題ないが、うまく照合できなかった場合は、さらに同庁が保管している台帳や、市町村の国民年金台帳に当たる必要が出てくる。こうなると少々時間がかかる。早ければ1週間程度で分かることもあるが、「数カ月待ってください」と言われてあきれるケースも少なくない。後日回答では基本的には本人宛てに郵送で通知される。この対応に至った場合は、結果が分かったらどう知らせてもらえるのか、途中で情報を追加提供したり、時期を確認したい場合に、どこへどう連絡すればよいのか、尋ねておきたい。現在の混雑状況では、なしのつぶてになりかねないからだ。いちいち疑いたくはないが、残念ながらそういう性善説では済まない事態になっているのだ。

公的年金運用、4年連続で黒字・06年度、累積10兆円超す
日本経済新聞
厚生年金と国民年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人は31日、2006年度の資産運用状況を発表した。市場運用などによる収益は3兆7608億円で、前身の「年金資金運用基金」(05年度末で解散)から4年連続で黒字を達成した。ユーロ高などで外国株式の運用が ...(続きを読む)



企業年金
東芝企業年金基金運用担当課長、富士通厚生年金基金常務理事、ブリヂストン厚生年金基金常務理事・運用執行理事、紀文厚生年金基金理事長、山崎製パン企業年金基金常務理事・運用執行理事、三菱商事企業年金シニアマネージャー、プロミス厚生年金基金常務 ...(続きを読む)



posted by なな at 23:32 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。