国民年金

障害厚生年金は「難しい」というのが実状です。遺族年金は「死亡という事実」、老齢年金は「60歳、65歳などという加齢の事実」によって殆どの場合は問題がないのですが、障害年金については「障害の程度」という曖昧な部分があります。これは本人にも、医者にも、審査官にも判り得ない部分があるはずです。基本的には医者の診断書が決め手になるのですが、事前に良く理解しておいた方が良いでしょう。


国民年金は赤字、厚生年金は黒字が続く・2006年度収支決算発表
社会保険庁が発表した2006年度の厚生年金・国民年金の収支決算概要によると、2006年度においては収支上では厚生年金は1兆1021億円の黒字となり、一方で国民年金は1194億円の赤字となったことが明らかになった(【発表リリース、PDF】)。 ...(続きを読む)



タグ:国民年金
posted by なな at 22:31 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。