老齢厚生年金

年金記録修正のために行う、社会保険庁のオンライン記録と原簿の手書き台帳との全件照合について、厚生労働省が「4年程度で完了できる」との見通しを与党側に伝えていたことが23日、分かった。10年かかるとされた作業だが、人海戦術や未入力記録のオンライン化などで期間短縮できるというものだ。ただ、これには膨大な予算が必要とみられ、政府・与党内で「新たな予算措置もやむを得ない」との機運が高まるのを待つ厚労省側の狙いもちらつく。


繰り下げ支給制度
老齢厚生年金にも老齢基礎年金と同様の繰り上げ支給はあるが、繰り下げ支給はない。ただし、65歳以上の老齢厚生年金繰り下げ支給制度が平成19年4月1日導入された。 年金の繰下げ支給制度とは、受給できる年金を申し出を行うことにより受け取らず、 ...(続きを読む)



posted by なな at 12:48 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。