個人 年金

国民年金の救済制度では、60歳以降も国民年金(基礎年金)に任意加入する事や特例任意加入の制度を使う事によって、国民年金(基礎年金)の納付期間を最長70歳まで延ばす事ができます。この国民年金(基礎年金)の納付期間を延ばす事で、60歳になった時に国民年金(基礎年金)保険料の納付期間が25年に満たない方でも、その後の期間を加算する事で国民年金(基礎年金)保険料の納付期間が25年となれば国民年金(基礎年金)を受け取る事ができるようになります。国民年金は、保険料を25年間納付すれば年間で約50万円になり、わずか数年の未納付で国民年金(基礎年金)が受け取れなくなる事と比べると大きな違いです。


【個人事業の年金相談】年金は自分で作る
旦那さんが厚生年金で妻が専業主婦の場合ですが旦那さんは年金の年額が190万円程になり妻は国民年金ですので年額79万円程になると思います私は自営ですので年金を自分で作らねばならないのですが私も妻も国民年金のみですのでお互いに年額79万程にし ...(続きを読む)



タグ:個人 年金
posted by なな at 19:18 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。