国民年金

小泉内閣の末期に「年金一元化は、実行する」と閣議決定されて、現在、問題が具体的に動いているところだ。年金一元とは、大まかには公務員の共済年金と民間の厚生年金の条件を統一することを指すが、その後にどうなるのか形はまだ決まっていない。現在審議中の法案では、公務員の共済年金は厚生年金並みの積立金(厚生年金の1年の給付に対する積立金の比率で計算)を持って厚生年金と同一条件で扱われる部分と、職域加算(公務員の年金の3階部分)の既裁定部分(既に年金額が裁定されている部分)に見合った積立金と、さらに、職域加算をいったん廃止した後に、あらためて作ることになっている「新3階部分」と呼ばれる部分の3つに分かれる。


平成18年国民年金法問8―E「死亡一時金と寡婦年金の支給の調整」
今回は、平成18年国民年金法問8―E「死亡一時金と寡婦年金の支給の調整」 です。 ☆☆==============================================================☆☆ 死亡一時金の支給を受けることができる者が、同一人の死亡により寡婦年金を受け取ることが ...(続きを読む)



タグ:国民年金
posted by なな at 08:25 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。