厚生年金 基金

年金支給の是非を判定する総務省の「年金記録確認中央第三者委員会」(梶谷剛委員長)は29日午後の会合で、厚生年金を受け取ることができない従業員の救済方法の本格検討に入る。企業による保険料納付が確認できない事例は、社保庁がこれまで基本的に門前払いしてきた。安倍晋三首相は相談者の立場を考慮した幅広い支給を指示しており、企業を通じて厚生年金保険料を支払ったと推定できる人に年金を支給するための具体的な判定基準づくりを進める。



posted by なな at 07:48 | 新情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。